法制執務全般、じょうれいくんの操作、技術的な解説

「2012年4月」に投稿された記事一覧

ほうれいくん(法制執務室) > FAQ > -FAQ6.法令解釈
2012/04/13(金)
カテゴリー : 6.法令解釈

附属機関の要件等と考えられる基準

【ご質問】 地方自治法第138条の4に規定する委員会、附属機関等については、条例によらなければならないことになっております。 文献では、「行政執行のために、又は行政の執行に伴い必要な調停、審査、審議又は調査等を行なうことを職務とする機関」とありますが、附属機関の定義、用件等具体的な基準として考えられることはどのようなものになりますでしょうか。 【弊社見解】 「執行機関の要請によりそ...

続きを読む
タグ :
2012/04/10(火)
カテゴリー : 6.法令解釈

臨時的任用職員等と給与条例主義に関しての対応事例のご紹介 (最判平22.9.10[茨木市]、大阪高裁平22.9.17[枚方市])

平成22年10月18日付けの弊社例規影響解説「臨時的任用職員と給与条例主義に関する判決(最判平22.9.10)の例規への影響について」にて、上記2つの判決をご紹介しております(判決内容の詳細につきましては、当該影響解説をご覧願います。)。   その中で、常勤としての性格を有する臨時的任用職員(茨木市判決)・非常勤職員(枚方市判決)に対し、条例に基本的事項を定めずに、給与・一時...

続きを読む
タグ :
2012/04/06(金)
カテゴリー : 1.一部改正

未施行の改正と当該改正とは別部分の改正が同日施行である場合の先後関係について

【ご質問】 平成23年6月議会で条例の別表改正(H23.12.1施行)を行い、平成23年9月議会で同条例の同表を改正(6月議会での改正箇所以外の改正、H23.12.1施行)を行う場合、9月議会の議案の別表は、6月議会で改正した箇所を反映させるべきか、又は反映不要とするべきか。どちらかの解釈が適切か。 【弊社見解】 「6月議会分の改正」と「9月議会分の改正」は別箇所の改正となりますので、未施行の...

続きを読む