法制執務全般、じょうれいくんの操作、技術的な解説

1.一部改正 記事一覧

ほうれいくん(法制執務室) > FAQ > -FAQ > 1.一部改正 > 例規に複数の別表があるとき、別表を一つだけ残して他の別表を削る場合の改正文
2007/05/27(日)
カテゴリー : 1.一部改正

例規に複数の別表があるとき、別表を一つだけ残して他の別表を削る場合の改正文

【お問い合せ】

例規に複数の別表があるとき、別表を一つだけ残して他の別表を削る場合の改正文は、単に『別表第2を削る。』とするのみでよいのですか?

【弊社見解】

例規に複数の別表があるときで、別表を一つだけ残して他の別表を削るときには、残す別表については『別表第1』等を『別表』とする改正が必要となります。
例えば、

この場合の改正文は、

『別表第2及び別表第3を削り、別表第1を別表とする。』

となります。
※削る別表が三つ以上であれば、『別表第2から別表第4までを削り~』という表現になります。