法制執務全般、じょうれいくんの操作、技術的な解説

1.一部改正 記事一覧

ほうれいくん(法制執務室) > FAQ > -FAQ > 1.一部改正 > 一つだけ別表がある例規に新たに別表を追加するときの改正文は?
2007/05/27(日)
カテゴリー : 1.一部改正

一つだけ別表がある例規に新たに別表を追加するときの改正文は?

【お問い合せ】

一つだけ別表がある例規に新たに別表を追加するときの改正文は、単に『別表の次に次の1表を加える。』でよいのですか?

【弊社見解】

既存の別表の後に追加する場合と既存の別表の前に追加する場合とで改正文が異なります。

一つのみ別表がある例規に新たに別表を追加するときには、既存の別表の後に追加する場合と既存の別表の前に追加する場合とがあります。 
いずれの場合でも、既存の別表を『別表第1』等にする改正が必要です。

1.既存の別表の後に追加する場合


この場合の改正文は、

 別表を別表第1とし、同表の次に次の1表を加える。

とします。  

2.既存の別表の前に追加する場合

この場合の改正文は

 別表を別表第2とし、附則の次に次の1表を加える。

とします。