法制執務全般、じょうれいくんの操作、技術的な解説

5.用字・用語、形式 記事一覧

ほうれいくん(法制執務室) > FAQ > -FAQ5.用字・用語、形式
2007/05/28(月)
カテゴリー : 5.用字・用語、形式

「訓令」を「告示」で改正できないか

【お問い合せ】 「訓令」として制定された例規について、「告示」で改正することはできないのか。また、その逆はどうか。 【弊社見解】 現在は、住民への周知の必要が高いものは「告示」、内規としての性質が強いものは「訓令」として制定します。 発令形式が異なるものを改正することはできないため、訓令として制定したものを告示で改正することは、本来はできません。その逆も同様です。 したがいま...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 5.用字・用語、形式

要綱・要領等、どのような場合にどの発令形式を使用するのか

【お問い合せ】 要綱・要領等、どのような場合にどの発令形式を使用するのか。 【弊社見解】 「要綱」「要領」等は、一般には行政指導を行うための一般的な基準や職員の業務執行上必要な細目的事項についてまとめた文書を指します。 一般には「要綱」という発令形式は無く、「○○要綱」「○○要領」はあくまでも題名に過ぎない(法的な効力の程度と関係が無い)ため 、「要綱」等も、発令形式としては既...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 3.附則

附則の「抄」とは、どのようなものか。

【お問い合せ】 附則の法令番号の横に「抄」と表記されているものがあるが、これは何か。「抄」があるのと無いのとでどう違うのか。 【弊社見解】 ここでいう「抄」とは、附則の法令番号の横についている印を指します。 (例) (総務省・法令データ提供システム ) (学陽書房「地方自治小六法 」) この「抄」については、法制執務上の決まりではなく、法令出版社が法...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 5.用字・用語、形式

「町」と「町長」の使い分け

【お問い合せ】例規中、「町」と「町長」が混在する場合があるが、明確に区別をするため、それぞれの定義を教えてほしい。【弊社見解】まず、「町」は、地方公共団体の長(町長)と、その補助機関の他、各種委員会、つまり地方自治法138条の2にある「執行機関」、そして議会など、住民側から見た行政行為の主体としての機関全体という意味を持つものと考えられます。一方、「町長」には二つの意味があり、一つは町長という特定...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 5.用字・用語、形式

「この限りではない。」と「この限りでない。」の使い分け

【お問い合せ】例規集中に、「この限りではない。」という用例と「この限りでない。」という2つの用例が見られたが、使い分けがあるのか?【弊社見解】一般的には、「この限りでない。」が用いられるようです。例規の中で、「この限りでない。」と「この限りではない。」が混在して用いられているようでしたら、「この限りでない。」に統一して使用することをお勧めします。...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 4.新旧対照表

見出し・共通見出しを全部改正する場合、削る場合、新たに付す場合の新旧対照表上の表示

【お問い合せ】見出し・共通見出しを全部改正する場合、削る場合、新たに付す場合の新旧対照表上の表示は、それぞれどのようにしたらよいか。【弊社見解】 見出し・共通見出しの全部改正の場合 新旧両側の見出し・共通見出しの全体に下線をひきます。 見出し・共通見出しを削る場合 新側の見出し位置に下線をひき、旧側の見出し・共通見出しに下線をひきます。 見出し・共通見出しを新たに付す場合 ...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 4.新旧対照表

見出し・共通見出し中の字句の改正の新旧対照表上の表示

【お問い合せ】見出し・共通見出し中の字句改正を行う場合、新旧対照表上の表示はどのようにすればよいか。【弊社見解】見出し・共通見出し中の字句改正も、通常の字句改正と同様です。 字句を改める場合 新旧両側の改正箇所に下線をひく。 字句を削る場合 新側の該当箇所に空白を入れて下線を引き、旧側の削る字句に下線をひく。 字句を追加する場合 新側の追加される字句に下線をひき、旧側の該当箇所に空白を入れて下線を...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 4.新旧対照表

条を『削除』とする場合の新旧対照表上の表示(連続した条を『削除』とする場合も含む。)

【お問い合せ】条を『削除』とする場合、新旧対照表上ではどのように表示したらよいか。連続した条を『削除』とする場合はどうか。【弊社見解】条を『削除』とする場合の表示は、基本的に全部改正の場合と同様に、新旧両側の条全体に下線をひきます。ただし、連続した条を『削除』とする場合には、一般に『第12条~第14条まで 削除』といった表示をすることになるため、注意が必要です 。1条のみ『削除』とする場合の例連続...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 4.新旧対照表

条の全部改正の場合の新旧対照表上の表示

【お問い合せ】条を全部改正する場合、新旧対照表上ではどのように表示すればよいか。【弊社見解】条を全部改正する場合には、新旧両側の条全体に下線をひきます。新旧の項の数が違うような場合でも、特に項について『(削る)』や『(新設)』といった表示はしません。条を『削除』とする場合、あるいは『削除』とされていた条を改正して中身のある条とする場合にも表示の方法は同様です。...

続きを読む
タグ :
2007/05/28(月)
カテゴリー : 4.新旧対照表

既存の条の条名を枝番号に変更する場合の新旧対照表上の表示

【お問い合せ】既存の条の条名を枝番号に変更する場合の新旧対照表上の表示はどのようにしたらよいか。【弊社見解】既存の条の条名を枝番号にする場合には、新旧両側の条名部分に下線をひきます。枝番号から孫番号にする場合や、枝番号だった条を通常の条名にする場合も同様です。...

続きを読む
タグ :
20 / 24...10...1819202122...»|