法令改正による例規への影響を解説

「2015年3月」に投稿された記事一覧

2015/03/31(火)
カテゴリー : 例規影響解説

人事院規則15-15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の一部を改正する人事院規則(人事院規則15-15-13)の例規への影響

人事院規則15-15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の一部を改正する人事院規則が、平成27年3月25日に公布されました。 施行日は、平成27年4月1日とされております。 この改正に関する例規への影響は、次の資料をご覧ください。 人事院規則15-15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)の一部を改正する人事院規則の例規への影響.pdf ...

続きを読む
タグ :
2015/03/31(火)
カテゴリー : 例規影響解説

政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件/平成27年の改正はありません

この解説は、平成27年についてのものです。 ※ 「政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件」は、例年、2月末から3月上旬に改正されます。お読みの記事が目的の年のものかどうかに、ご注意ください。 例年、年度末には、政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件(昭和24年大蔵省告示第991号)が改正されていますが、平成27年の改正の有無について、財務省に照会いたしましたところ、平成...

続きを読む
タグ :
2015/03/13(金)
カテゴリー : 例規影響解説

宅地建物取引業法の一部を改正する法律(平成26年法律第81号)の例規への影響

宅地建物取引業法の一部を改正する法律が、平成26年6月25日に公布されました。 施行日は平成27年4月1日とされております(宅地建物取引業法の一部を改正する法律の施行日を定める政令(平成26年政令第322号))。 この改正に関する例規への影響は、次の資料をご覧ください。 宅地建物取引業法の一部を改正する法律の例規への影響.pdf ...

続きを読む
タグ :